成分記事一覧

甘茶のほんのりあまいお茶ですので、誰でも飲みやすくて食べ物と一緒に飲んでもいいですし、甘茶だけでもごくごく飲めるのが特徴です。甘茶の正体はアジサイ科の一種です。ガクアジサイの変種で、若い葉を使ったお茶で、甘味を出す成分が葉に含まれているために独特の甘い味が出ます。しかもカフェインを含まないので夜に飲んでもいいですし、お子さんも一緒に飲むことができる健康に良いお茶なのです。さらに注目なのがサポニンを...

キャンドルブッシュは熱帯アメリカ原産の落葉低木で、6月から11月にかけて黄色い花を咲かせる植物です。ハネセンナやゴールデンキャンドルなど色々な名前があり、優れた効能を持つことでも知られています。キャンドルブッシュは皮膚病の緩和や虫よけ、便秘薬などに利用されていて、成分を摂取する時は葉をすり潰して肌に塗ったり、煎じてお茶にして飲んだりします。キャンドルブッシュに含まれている成分は、亜鉛やカリウム、亜...

クマザサの栄養素・成分は、鉄分、カルシウム、ビタミンC、K,B1、B2が含まれています。ほかにも食物繊維、葉緑素に含まれているクロロフィル、バンフォリンが豊富に含まれています。効果効能は、コレステロールを下げる、血圧を下げる、解毒作用がある、便秘や整腸作用、貧血の改善があるといわれています。クマが冬眠前にたくさんの食べ物を食べることと、クマザサをたくさん食べることがよく知られていますが、冬眠中はた...

カワラケツメイという名前をご存じでしょうか。カワラケツメイはマメ科の植物で、効能として知られている作用には脂肪吸収や利尿作用などがあります。また、カワラケツメイ茶として販売している地域もあります。上記のような効能以外の特徴として、カフェイン濃度がゼロであること、ポリフェノールを多く含むことから整腸作用があるとも言われています。これらの特徴は今の現代人にとってピッタリな成分となるのではないでしょうか...

ルイボスは脂肪の酸化を抑制する抗酸化力や、活性酸素の抑制に効果が期待できる酵素の一種であるフラボノイド類を含んでいるのが特徴です。脂肪が酸化すること、また活性酸素による細胞に対するダメージは、疾病の発生や老化現象の原因のひとつだと言われています。ですからルイボスを利用したルイボスティーなどを摂取することは、まずはアンチエイジングに対して効果が期待できます。また過酸化脂質や活性酸素はアトピーに対して...

コーン茶はその名の通り、とうもろこしの実を乾燥させて炒ったものが茶葉のようになっており、それをお湯で煮出したものです。ホットでもアイスでも呑むことができ、しかも独特のクセがない味なので飲みやすいというのが特徴です。コーン茶には鉄分が多く含まれていますし、貧血などになりやすい女性にはぴったりな飲み物だといえます。日本で麦茶が飲まれているように、韓国ではコーン茶が麦茶のような感じで飲まれているのです。...

黒豆の効果効能は幅広い分野に及びますが、特に生活習慣病予防を促進させる栄養が充実し、万能的な成分を持った食べ物として重宝されています。表面の皮の部分には、腸内活動を支える食物繊維が特に多く含まれるため、黄な粉などに加工して食べれば便秘予防の効果も高くなります。同時に鈍くなっている血液の流れもサラサラにさせる成分として、サポニンを含むことも重要です。黒豆の独特な色彩を作っているのは、ポリフェノールの...